読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸自妻的官舎ノ日々

特に役にもたたない自衛隊や官舎の話をつらつら綴っています。

概ね右へならえ

最近、我が家でお気に入りのフレーズがある。

それは、「概ね右」。
正式には「概ね右に入れるを可とす」であり、二者択一を迫られる場面で使う。

このフレーズ、元ネタは何かというと、旧軍における服装の統制である。
しかも、パンツの中のチ○ポジの話である。

旧軍の支給品が越中褌からパンツ(トランクスみたいな感じ?)に変わったときに言われたことらしい。
しかし、何かにつけて統制統制とうるさい軍隊(自衛隊もだけど)において、《概ね》右を《可とす》というのは、とてもふわっとした表現なのでは?と思った。
そのことを夫に伝えると「つまり、どっちでもいいけど迷ったら右に入れとけ」ということらしい。
女の身ではいまいち実感しにくいけれど。

しかし、このフレーズ、出典が定かでない。
それどころか、ネットで「旧軍 トランクス」や、「旧軍 チ○ポジ」などの言葉で検索しても、まったくヒットしないのである。

夫に聞く前から、「旧軍ではチ○ポジも統制されていた」という話を聞いたことがあるような気もしたけれど、それが右だったか左だったかはわからない。
これだけネットであらゆる情報が網羅できる時代に、こんなに調べてもヒットしないってことは、夫が勝手に言っているだけでは…?という疑念さえわいてくる。
だれか、正しい情報を知っていたら教えて欲しいくらいである。
それによっては、我が家の選択肢が「概ね左」になるかもしれない。

フト思ったけれど「概ね右」なのはチ○ポジではなく夫の思想では…?
なんてね。