読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸自妻的官舎ノ日々

特に役にもたたない自衛隊や官舎の話をつらつら綴っています。

営内・営外の話

自衛隊の話

先日、「私服自衛官の見分け方(若者編)」というテーマで記事を書いたが、実はあれは(若者編)というより(営内者編)というほうが正解である。

単に、営内者には若い人が多いので(若者編)というタイトルにした。

 

陸曹以下の自衛官は、基本的に営内に居住することが定められている。

つまり、自衛隊的には営外に住むほうが「例外」であり、条件を満たした人でなければ営外に住むことはできない。

では、営外に住むための条件とは何か。それは、以下の2つである。

 

①結婚していること

②30歳以上で2曹以上の階級であること

 

このどちらかを満たせば営外居住できる。

早く営内を出たくて結婚したがる人もいれば、②の条件を満たしていたも営内のほうがお金がかからないからという理由で営内に留まる人もいる。

 

ちなみに、私はこの情報のおかげで合コン相手の自衛官の嘘を見抜いたことがある。

夫と出会う前、初めて自衛官と合コンしたときのことだった。

合コン中、話の流れで「官舎住まいですか?」と問いかけた私にその人は「はい」と答えた。

その相手は、20代で3曹だった。

こちらが何も知らないと思って油断したのだろうか…

 

それにしても、営内者と付き合うのは女性側にも我慢を強いられるので大変だと思う。

うちの夫は知り合った時から営外居住だったけれど、結婚する前、入校で一時的に営内生活になったことがある。

その間は金曜日以外の平日は会えなかったし、週末でも「門限が…」とか「残留が…」とか、いろいろ制約があった。

誕生日なのに独りぼっちで過ごすことを余儀なくされた時は本当に寂しかった。

前の年にスッポかされたから、今年こそは一緒に過ごそうって言ってたのに…。

その時夫は「入校中で営内なんだから仕方ない」と言った。

それに対して私は「入校してるのはアンタの都合だろ!知るか!最大限の誠意を見せやがれ!」とキレた。

今思えば無茶な要求である。

ちなみに、電話で喧嘩していたのだが、話の途中で「もうすぐ点呼だから」と言って切られた。

営内者が相手だと、喧嘩さえも自分たちのペースではできないのだった。