読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸自妻的官舎ノ日々

特に役にもたたない自衛隊や官舎の話をつらつら綴っています。

Tポイントを貯めてときめきを買う話

つぶやき

先月、独身の友人と会ったとき「結婚して何か変わった?」と訊かれた。
私は少し考えて、「ときめきを感じにくくなった」と答えた。

夫と交際を始めた頃からカウントして3年目。
いわゆる「ドキドキしなくなる期」である。
もちろん、この先長く一緒にいるに当たってしょっちゅうドキドキしていたら早死にするので、これは人体として当然の防御反応といえる。
けれど、些細なことでときめいていた頃が懐かしく恋しい、と思うのもまた事実。
そんな話を夫にしたら、ノリノリで「恋愛ゲームでもしてみたら?ダウトってやつが流行ってるらしいよ!」と言われた。
それは、流行っているのでなくTwitterの広告で流れてくるだけでは…

そんなある日、たまたま見かけたバナー広告から飛んだ電子コミックの無料立ち読みで、久々にときめいた。
それが、天下のハーレクイン様だった。

ハーレクインとは、カナダに本社がある恋愛小説で有名な出版社である。
うちの母も昔、文庫を買っていた記憶がある。
お金持ちのイケメンにヒロインが見初められ、紆余曲折を経て結ばれる。
水戸黄門ばりに決まりきった物語の定型なのだが、必ずハッピーエンドなのがいい。
しかも、男性キャラが日本人ではありえない歯の浮くような台詞をキメてくれるのにテンションが上がる。
「きみはそこにいるだけで僕を誘惑しているんだ」「僕は今夜、きみを抱くよ」とか言われた日には…クゥ~~~~!
ハーレクインコミック独特の絵柄(きれいめのレディコミ風。だいたい男の顎がシュッとしている)も癖になる。

そんな訳で、Yahooブックストアでハーレクインコミックの無料立ち読みをむさぼる日々が続いた。
Yahoo様は太っ腹なので、無料でも50ページくらい読ませてくれる。
でも、やっぱり最後まで読みたい…しかし、課金となるとハードルが上がる。
それに、一冊買ってしまってら欲望のままにあれもこれも買ってしまいそうで恐ろしいのだ。

そんなある日、ふと気づいた。
YahooブックストアはTポイントが使える!
速攻Tカードをスキャンしてポイント数を確認すると…買える!100日間のレンタル版だけど、一冊買えるよ~!
……という訳で、厳選に厳選を重ねて、一番読みたかった一冊をTポイントで購入した。
そして、もとがとれるくらい充分にときめいた。(脱衣ビリヤードのあたりで悶絶した)
懐かしい…中学生くらいの時って、こんな風に少女漫画にドキドキしたよね。
歳を重ねてもときめきの感度をみずみずしく持ちたい、と思った一件であった。
今後もコツコツTポイントを貯めて、たまのご褒美にハーレクインコミックを買ってときめきたいと思う。

ちなみに、この話を実家の母にしたら大変ウケた。

私「ハーレクインの相手役って、大抵、CEO・名家の御曹司・シークのどれかだよね」
母「わかる~~!あと、ギリシャの大富豪ってのもあるよね!」

さすが母。