読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸自妻的官舎ノ日々

特に役にもたたない自衛隊や官舎の話をつらつら綴っています。

夫の趣味

以前、官舎育ちの友人に「自衛官と結婚するなら、酒・たばこ・ギャンブルについて必ずチェックすること」と言われたことがある。
自衛官は、男社会だからか、この3つを嗜んでいる人が多い。
その点うちの夫は、酒は付き合い程度、たばことギャンブルは一切せず、大変お買い得な物件だったといえよう。

自衛官の中には、酒よりも宴会そのものが好きな人もいる。
こういう方々は、奥さんに睨まれつつ、様々なアリバイ工作を施しながらこっそり飲み歩いているらしい。
一方うちの夫は、宴会は最小限しか出席せず、しかも二次会にも行くことはほとんどない。
バイクや車といったお金のかかる趣味もなく、家計に優しい夫である。

そんな夫の趣味は、ネットゲームだ。
しかも、課金するわけでもオンラインで女の子といちゃいちゃするわけでもなく、もくもくと対戦してはコツコツ経験値を上げるという、これまた朴訥な遊び方である。

夫の休日は、朝の対戦から始まる。
この時間は猛者が少なく、比較的勝率がいいらしい。
このまま放っておくと、延々と対戦している。
2時間くらい経ったところで、ずっとBGMを聞かされている私がうんざりしだす。
昼ごはんを食べたり、少し休憩を挟んだりしてまた対戦。
たまに昼寝したり2chまとめサイトを見たりしてさらに対戦。
いい加減私がキレる。いい加減にしてよ!いつまでゲームしてんの!?
でも、夕飯を食べてお風呂から上がるとまた対戦している。
このくらいの時間になると猛者が多いらしく、しょっちゅう死んでいる。
ていうか、いい加減にしてほしい……

基本的に、夫はやさしい。
休日、私が家事に手を抜いても文句も言わず、進んで手伝ってくれさえする。
そんな夫の数少ない趣味なので、快くゲームを楽しませてあげたいと思ってはいるのだけれど…
夫のプレイ時間は、私のキャパシティを超えていた。

ちなみに、夫の遊んでいるゲームは、戦艦を操ってチームで戦うというものだ。
オンの時間は陸上自衛官として働き、オフの時間は艦艇乗りとして架空の領海を守っている。
そんなに戦艦が好きなら海自に入ればよかったのに…と思うのだけれど、趣味と仕事は違うらしい。
でも、ゲームでは負けてばっかりなので、本職にしなくて良かったのかもしれない。