陸自妻的官舎ノ日々

特に役にもたたない自衛隊や官舎の話をつらつら綴っています。

官舎の話

そうだ、国旗あげよう。

近頃は、祝日に国旗を飾る家が減ったように思う。 それと同時に、祝日を「旗日」と呼ぶのも死語になりつつあるのではないだろうか。 私の実家は祖父の代に建てた一戸建てで、いちおう物置に国旗はあったけれど飾っているのを見たことはない。 自衛隊官舎だけ…

エアコンが壊れた話。

数週間前の出来事になるけれど、突如我が家のエアコンが壊れた。 突如、とは言ったけれど、確かに予兆はあった。 「最近、なんかエアコンの効きが悪い気がする~」などと言いつつ、1週間くらいは自分を騙しながら使っていた。 けれど、ついに「効きが悪い気…

はじめての官舎点検

官舎に住んでいると、定期的に防火点検がある。 消火器は設置してあるか、ガス栓は劣化していないか、火災報知器は正常に作動するか、ベランダの避難経路は確保できているか…などを、業務隊の自衛官がやってきて住人立会いの下で家中の部屋を点検するという…

官舎の話~古い官舎の冬~

11月になり、すっかり寒くなってきた。 冬は、官舎が抱えるさまざまな問題が露呈する季節である。 現在私が住んでいる官舎は、比較的築年数が浅いため、民間のマンションとほぼ同じスペックだと思う。 でも、昨年まで住んでいた官舎は、典型的な「昭和の官舎…