読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸自妻的官舎ノ日々

特に役にもたたない自衛隊や官舎の話をつらつら綴っています。

28歳の決意

つぶやき

先日、満を持して28歳になった。

ジブリファンとしては、「ついにクロトワ参謀長殿より年上になってしまった…」

もしくは、「ついにムスカ大佐と同じ年になってしまった…」という感じである。

 

さて、28歳といえば思い出すことがある。

あれは、23歳の年末のことだった。

幼馴染Mが、地元で当たると評判の占いカフェに連れて行ってくれた。

当時、彼氏と別れて半年、色恋沙汰にサッパリ縁がなかった私は、迷わず恋愛運を見てもらった。

 

占い師のおばば曰く、「今は大殺界、年が明けたら大殺界から抜けてモテ期が始まる」。

おばばの言うには、24歳でモテ期がやってきて25歳で彼氏ができる、3年ほど付き合って28歳で結婚するのがよかろうとのことである。

しかも、私は必ず結婚できる、相手は年上で経済的に豊かな人だという。ヤッター!

 

実際、おばばの言うことはけっこう当たった。

数えで24歳の年、人生最大のモテ期がきた。

25歳の時に今の夫と交際を始め、昨年結婚した。

おばばが予言した通り、夫は年上である。

ただし、経済的に豊かだ、と言い切るには微妙だ。

現在の夫がおばばのいう相手だったのか、確かめようにも件の占いカフェは閉店してしまったらしい。

でも、夫が運命の相手じゃなくても、縁あって好きあって結婚したんだもんね。

だから、今後とも夫を大切にしていこうと思う。