陸自妻的官舎ノ日々

特に役にもたたない自衛隊や官舎の話をつらつら綴っています。

空飛ぶ広報室が、好きだ!!

タイトルまんまの話です。

 

2013年のドラマにも関わらず、自衛官妻・彼女界隈ではいまだ衰えぬ人気を誇る、それが「空飛ぶ広報室」。

例に漏れず私も大好きです。

Twitterでは何度も言っているのだけれど、自衛隊がらみを抜きにしてもお仕事ドラマとしてとても良質だと思う。

やりたい仕事ができない中、どうやってやりがいを見つけるのか。(リカと空井)

女の働き方は「女を武器にする」か「女を捨てる」しかないのか。(柚木さんやリカ)

仕事と家庭、どちらを重視するのか。(仕事中で妻の死に目に会えなかった鷺坂室長と、妻の要望で現場を離れる決意をする阿久津さん)

こういうエピソードが、自衛隊という舞台装置を使うことで味わい深くなっている。

そのほか、後進育成のために幹部にならない比嘉さんや、やる気のない新人だったのがだんだん一人前になっていく佐藤珠輝など、二項対立的に描かれていることも多くて、そういうものに気づきながら観るのもとても楽しい。(鷺坂室長と阿久津さんも、正反対タイプの上司だしね)

今回は、久々に全話見返して、リアルタイムで視聴していた時には気づかなかったことを備忘録的にまとめてみた。

 

①空井の全力疾走

多分、ドラマの中で空井が全力疾走するのは3回。

・1話…入間基地で、ヘルメットをロケ現場に届けるとき。急がなければいけないのに思うように走れない姿が、事故に遭った空井の境遇を際立たせていた。

・9話…自衛隊の悪口を言う報道局の人にリカが啖呵をきる映像を、一人夜の広報室で見た後。思わず庁舎を飛び出すが、途中で足が痛んで走れなくなる。二人の物理的な遠さと、捕まえたいものを捕まえられない空井のもどかしさが強調される。

・11話(最終話)…松島基地で、空井がリカに告白する決意を固めた後。ここでは一度も足がもつれることなく、リカのところまで走っていける。月日の経過を感じさせるとともに、リカのところまで走っていけたのは、リカも空井に向かって走ってきてくれたからという効果ももたせている…?

 

②リカの画づくり

1話で、情報局に異動したてのリカが「街角グルメ」のロケで、カメラアングルをビル群から唐揚げ屋さんにパンしようとしたのを坂手さんにバッサリ斬られるが、最終話では同じ指示(スカイツリーからおせんべい屋さんまでパン)を坂手さんが「まぁ、この場合はそうだろうな」と受け入れている。

たぶんリカの意図は同じなんだろうけど、効果的な見せ方なのかどうか、ちゃんと取捨選択できるようになったということなんだろう。

また、仕事ぶりは大きく変わったリカだけど、「情報番組でも社会的な視点を届けたい」という想いは変わっていないということ。

 

③やっぱりリカは絵が下手

8話でリカが作るてるてる坊主の顔と、最終話でリカが配るビラに描いてあるウサギの顔が同じ。

珠輝に「もうちょっと可愛く…」と言われていたように、絶妙にブサイクである。

これはリアルタイム視聴では全然気づかなかった。

 

 

私は基本的に原作至上主義なので、実写化してよかった~と思う作品は少ないのだけれど、これは珍しく原作より実写化の印象が強いです。

余談だけど「ヘルタースケルター」を見た後に「空飛ぶ広報室」を見たら、綾野剛のさわやか変化っぷりにびっくりしました。

卒業の季節に思うこと

この三連休、昨日は防大の、一昨日は高等工科学校の卒業式だったらしい。

高等工科学校というと、思い出すことがある。
今年のお正月は松の内を過ぎた頃だった。
東京に行く用事があり、飛行機に乗るため空港へ行くと、保安検査場の入り口で工科学校の生徒と一緒になった。
たぶん、お正月休暇が終わって学校に帰るところだったのだろう。
制服の襟についた学年章は一年生で、顔立ちもあどけない。
お土産の紙袋を持ったその男の子は、保安検査場に入るまで、見送りに来ていた家族を何度も振り返っていた。

15、6歳で親元を離れた身で、年に数回の貴重な帰省を終えて、学校へ戻っていくのはどんなに寂しいことだろうと思う。
あの彼も、もうすぐ2年生になるはず。
これからも訓練やら勉強やら忙しい日々になると思うけれど、実りある学校生活を送って卒業してくれるといい。

そんな、名前も知らない少年に思いを馳せるのでありました。
高校野球じゃないけど、若い子が頑張る姿って応援したくなるよね。
高等工科学校の卒業式は毎年感動するので、YouTubeで見ております。
足並み揃った卒業証書授与や、(音程はないけれど)全力で歌う仰げば尊しは圧巻です。

宴会の話

自衛隊の宴会場所は、主に三種類ある。
①ホテル
②居酒屋
③隊員クラブ である。

ホテルは、中隊の送別会とか、偉い人の退官パーティーとか、教育隊なら学生の卒業パーティーなどで使う。
たぶん、どこの駐屯地がある町でも、自衛隊御用達の宴会用ホテルがあるのではないだろうか。
ドレスコードがあることもあるので、「宴会」というより「パーティー」というイメージが強い。
宴会と言いながら半分仕事みたいなものだ。

③の隊員クラブとは、駐屯地の中にある居酒屋のことだ。
もっと具体的に言うと、はなの舞である。
隊員クラブで宴会の時は、仕事から直行するので戦闘服のまま飲むことになる。

妻的に、一番有り難いのはホテルでの宴会である。
難点は会費が高いことだが、進行役がキッチリ置かれるので、カッキリ2時間で帰ってくる。
送迎バスが出るので、宴会後も会場でダラダラ、なんてこともない。

逆に、一番嫌なのが隊員クラブでの飲み会だ。
こちらは、ホテルとは真逆でいつまでもダラダラ飲んでいる。
18時から宴会スタートのくせに、帰ってくるのが23時過ぎなんてこともザラである。
23時なんて、消灯時間ではないか。
店員さんに迷惑がられているのではないか。

…なんて思っていたら、ひょんな事から、最近まで隊員クラブでバイトしていたという人と知り合った。
自衛官、いつまでもダラダラ飲んでるでしょう」というと、その人は「そうなんです!」と語りだした。
なんでも、ギリギリまで居座って点呼の直前にバタバタと帰っていくため、お会計や片付けが一気に立て込んで大変らしい。
また、強者になると当直が見回りに来ても飲んでいるとか。

わかるよ、わかるよ、迷惑だよね。
妻もなかなか夫が帰って来なくてイライラしているのよ。
そういう時はどんどん追い出してくれていいからね。
…というと、彼女は笑って「でも、自衛官の人たちがいっぱいお金落としてくれるので、うちの店が地区で売上ナンバーワンになって、店長に金一封が出たんです」と言った。
なるほど、そういうこともあるのか。

ちなみに営外の居酒屋でも、御用達のところだと2時間の飲み放題を粘って3時間居座ったりしているらしい。
そのうち出禁になるのでは…?

夫の宴会エピソードで一番好きなのは、ホテルでの宴会で、最初の25分間、琵琶の生演奏つきで平家物語を聞かされた(しかも立食パーティー)というものである。
夫は(自称)インテリ派なので「琵琶すごかった!」と感激していたが、同僚は立ったまま寝ていたらしい。
「宴会で平家物語」も、それを「立ったまま寝る」のも、どっちも好きなエピソードだ。

概ね右へならえ

最近、我が家でお気に入りのフレーズがある。

それは、「概ね右」。
正式には「概ね右に入れるを可とす」であり、二者択一を迫られる場面で使う。

このフレーズ、元ネタは何かというと、旧軍における服装の統制である。
しかも、パンツの中のチ○ポジの話である。

旧軍の支給品が越中褌からパンツ(トランクスみたいな感じ?)に変わったときに言われたことらしい。
しかし、何かにつけて統制統制とうるさい軍隊(自衛隊もだけど)において、《概ね》右を《可とす》というのは、とてもふわっとした表現なのでは?と思った。
そのことを夫に伝えると「つまり、どっちでもいいけど迷ったら右に入れとけ」ということらしい。
女の身ではいまいち実感しにくいけれど。

しかし、このフレーズ、出典が定かでない。
それどころか、ネットで「旧軍 トランクス」や、「旧軍 チ○ポジ」などの言葉で検索しても、まったくヒットしないのである。

夫に聞く前から、「旧軍ではチ○ポジも統制されていた」という話を聞いたことがあるような気もしたけれど、それが右だったか左だったかはわからない。
これだけネットであらゆる情報が網羅できる時代に、こんなに調べてもヒットしないってことは、夫が勝手に言っているだけでは…?という疑念さえわいてくる。
だれか、正しい情報を知っていたら教えて欲しいくらいである。
それによっては、我が家の選択肢が「概ね左」になるかもしれない。

フト思ったけれど「概ね右」なのはチ○ポジではなく夫の思想では…?
なんてね。

情報保全の話

1月某日、夕食の席で夫が言った。

「そういえば、上級部隊から『SNSに自分の所属とか、防大○期とか生徒○期って書くな』って通達がきたよ」

えっ、今さら?と思った。

自衛官は、職業柄、情報保全については教育を受けているし、点検もある。
ただし「職場の情報を持ち出さない」という部分に関しては厳しくても、「情報を流出させない隊員の意識づくり」に関してはまだ甘い気がする。
なぜなら、Twitterでちょっと検索をかければ、本名・駐屯地名・顔出し写真を載せている自衛官がたくさんいるからだ。
中には未成年の飲酒や喫煙が疑われるようはものもあって、情報保全とは別の部分に引っ掛かるのではないかと心配してしまう。

海上自衛官は、SNSの利用そのものを制限されるという話を聞いたことがある。
SNSへの投稿頻度やパターンから、航海の日程が割り出されてしまう恐れがあるからだという。
素人目にはわからなくても、見る人が見たら情報の欠片を繋ぎ合わせて大きいものが見えてくるってことなんだろう。

私もTwitterをしているのだけれど、自衛官妻という肩書きを出してしている以上、うっかり私が情報流出源になってしまわないよう気を付けている。
官品や糧食の写真、訓練の日程や内容など、基本的に夫が注意していることと同じことを注意している。
ちなみに、限定公開機能は最初から信用していない。
限定公開にしたところでブロックできるのは初見の人間の目くらいで、一度ネット上に上げた情報を完全に回収することは不可能だからだ。
逆に、限定公開にしているから安心だと思っている人の方が危険かもしれない。

知人の自衛官に「(自衛隊とは関係ないけれど)ネット上にアップしてはいけない写真」をブログに上げている人がいた。
しかし、それを本人に忠告したところ「限定公開にしているから大丈夫」との認識だった。
その人の頭の中には「誰かがスクリーンショットを撮って二次的に広める可能性」がなかったのだ。
幹部自衛官でさえそういう認識であることに、心配半分、呆れ半分だった。


途中から、自衛隊と関係なく「SNSを利用する上での心構え」みたいな話になってしまったけれど、なぜ私がこんなにSNSを警戒しているかというと、私が子供の頃は「ネット上で本名を出すなんてとんでもない」と教えられていたからだ。

私は現在20代後半。初めてインターネットに触れたのは、小学校の高学年だった。(もちろん家族共有のパソコンから、親の監督のもと)
その頃はまだ、インターネットとはいろんな人が有象無象に入り乱れる匿名の世界という認識だった。
数年経って前略プロフィールが流行ったときも、本名をフルネームで載せる人はまだ多くなかったように思う。
けれど、mixiを経てFacebookが広まり、インターネットは「現実の生活の続き」という感覚が強まってきた。
更にそこにTwitterという拡散性に特化したSNSがあって、今の若い人は、素顔や本名を明かしたまま「友達とするような会話」を全世界に公開することに躊躇いを感じなくなっているように思う。
それって本当は結構危険なんだよ、と言っても、ネットに触れ始めたときから「そう」だから、危機感を感じないのかもしれない。

でも、国防に携わる人がそういう認識では困るはず。
今、本名や所属をプロフィールに書いて「訓練きつかったー」と写真つきでネットにアップしている人たちは、いつそれに気づくんだろう?


…なんて、今回はなんだかお説教ぽくなってしまいました。

自衛官の朝

自衛官の朝は早い。

…と言ってはみたけれど、実はそんなことなはい。
うちの夫は6時半くらいに出勤している。
6時半に家を出て6時40分には職場に着くことを考えると早いような気もするが、家を出る時間としては東京近郊から都内にお勤めに出るサラリーマンの方々とそんなに変わらないと思う。

ただし、変則的に朝早く家を出ることもある。
射撃訓練があるから5時半とか。
演習だから5時とか。
さすがにそういう日はお弁当はないのだけれど、朝ごはん用におにぎりを作ってあげるので結局妻も早起きする羽目になるのである。
何か行事があると3時とか4時に出勤することもあるらしいが、私はまだ体験していない。

ちなみに、そのスケジュールは夫しか知らない。
夫が申告してくなければ、どんなに早起きしたところでご飯が炊ける時間は普段通りである。
そしてつい先日、結婚して初めての申告漏れがあった。
というか、その日は早く出勤するということを夫本人も忘れていたのである。
早朝、夫婦でスヤスヤ眠っていると電話がかかってきた。
なんと、その日は隣県の駐屯地まで行く予定だったという。
集合時間ギリギリになっても現れない夫に、同僚の方が連絡してくれたのだ。
電話で飛び起きた夫は5分で洗顔と着替えを済ませ、ホット甘酒を流し込んで家を出ていった。
というか、職場まで私が車で送った。
後には、夫のお弁当と朝ごはんになるはずだった1.5合のご飯が残されたのであった。

私は、結婚するまで5年ほどフルタイムで働いていたのだけれど、1度だけ寝坊したことがある。
しかも、その1度が、絶対に遅刻してはいけない日だった。
なぜか遅刻してはいけない日に限って寝坊するんだよね、とその日の夜夫と話した。
夫は、うんうんと頷きながら言った。

「わかる。俺、こんなに寝坊したのなんて×年ぶりだったよ」

「×年前は何の時に寝坊したの?」

「……中央観閲式」

×年前のその日、夫はエクストリーム登庁で遅刻こそ免れたものの「死ぬかと思った」という。
結婚したからには、寝坊ごときで寿命を縮められては困るので、しっかりスケジュールと目覚まし時計の管理をしてもらいたいと思う。

自衛官へのプレゼント選び

先日、ショッピングモールへ行ったら、街路樹にイルミネーションが点灯しクリスマスツリーが飾られていた。
ハロウィンが終わってから、街がどんどんクリスマス仕様になっていく。
気づけばクリスマスまであと1ヶ月。
ここからクリスマスまでは、一年で一番ワクワクする季節かもしれない。

となれば、そろそろクリスマスプレゼントを考えなくてはならない。
しかもうちの夫の場合、誕生日とクリスマスが近いので絶対に外せないイベントである。

夫と付き合い始めてから、プレゼントには毎年悩まされてきた。
男性へのプレゼントというと、ネクタイや名刺入れなどの仕事で使える小物が贈りやすくて良いのだが、自衛官相手だと封じられてしまうことが多い。
ネクタイは締めないし名刺も持たない。
万年筆や高級ボールペン…デスクワークじゃないので猫に小判。
腕時計は、仕事中はG-shock一択だし、既に持っている。(自衛官G-shock率はとても高い)
仕事で使えるものを贈りたいなら、もはや「戦人」から選ぶしかない…

しかも夫はこだわりが強く、手帳は○○がいいとか、ステレオは××の機能がついてないと嫌だとかいう好みがハッキリしているので、下手なものを贈るとお蔵入りの可能性もある。
そんな訳で、去年から夫には直接欲しいものを聞いている。
去年は「財布」との返事をいただき、メーカーと型番まで指定して…というか、Amazonのページをメールで転送してもらった。
ワクワク感は一切ないが、相手が欲しいものを贈るという点では最も失敗がない方法だ。
今年も聞いてみたのだが、答えは「最近物欲がなかて…」だった。
携帯音楽プレーヤーなどいくつか提案してみたのだが、どれも心に響かなかったらしい。
唯一反応したのが「ドライブレコーダー」だった。
夫よ、本当にそれでいいの…?

「ちゃんと欲しいもの言ってくれなかったら肩叩き券にするよ!」と繰り返し言っていたら、ようやく「ランニングシューズ」との答えをいただいた。
しかし「誕生日の2週間前には欲しい」とのこと。
理由は「持続走の記録会で履きたいから」だそうだが…2週間前かぁ…

相手が欲しいものを、相手にとってベストなタイミングで贈る。
これこそプレゼントの極意だとは思うのだけれど、何となく釈然としない思いが残ってしまう私は、まだまだ「贈る側」のエゴに囚われているということなのだろう。